台湾智慧財産局が2014年1月1日から「グリーンエネルギーテクノロジー関連の特許」について加速審査が実施開始のご案内 - 台湾特許.台湾商标-聯誠国際専利(特許)商標聯合事務所
台湾智慧財産局が2014年1月1日から「グリーンエネルギーテクノロジー関連の特許」について加速審査が実施開始のご案内

    台湾智慧財産局が201411から「特許加速審査作業方案」(略称AEP)における加速審査請求事由(略称事由4)に「出願される発明がグリーンエネルギーテクノロジーに関連あるもの」を新たに追加し、その日から当該請求の提出を受理する予定です。

  台湾智慧財産局は加速審査請求のできるグリーンエネルギーテクノロジーについて、より緩やかな解釈を取り、即ち、出願される発明の技術内容が以下の条件に満たすと加速審査を請求することができます。

(1) 省エネルギーテクノロジー、新エネルギー、新エネルギー自動車などの技術分野に関連するもの。

(2) 二酸化炭素排出削減技術及びエネルギー使用の節約に関連する発明。

  出願人は加速審査を請求するとき、従来の書類に加えて、出願される発明がグリーンエネルギーテクノロジーに関連することについて説明する書面を提出し、請求費用台湾ドル4000元を納付しなければなりません。関連請求書類か揃えば、台湾智慧財産局が約9ヵ月以内に審査結果の通知か発行されますので、初回の審査結果通知の発行所要時間が約29ヵ月である加速審査請求のない出願に比べると、すばやくしています。

  20133月までにグリーンエネルギー関連技術の台湾特許出願は全部で7,264件があり、出願人の国別に言えば、前三位の順は台湾出願人が58%で、日本出願人が20%で、アメリカ出願人が9%であります。産業別から見ると、前三位はLED照明、ソーラーエネルギー及び燃料電池などの関連する技術分野における出願であります。従って、グリーンエネルギーテクノロジーの持っている日本出願人にとっては、注目すべく重要な新措置でもあります。

 
Copyright © 2019 . All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU/GPL License.