「日台特許等優先権書類電子的交換覚書」(PDX)が施行開始 - 台湾特許.台湾商标-聯誠国際専利(特許)商標聯合事務所
「日台特許等優先権書類電子的交換覚書」(PDX)が施行開始

「優先権書類の交換分野の相互協力のための公益財団法人交流協会と亜東関係協会との間の了解覚書」 略称「日台特許等優先権書類電子的交換覚書」(Priority Document Exchange略称PDX)が2013年に施行し始まります。

2013年11月5日に、日本と台湾との優先権書類の交換分野における相互協力に関し、(公財)交流協会と亜東関係協会との間で標記覚書を交わしました。また、台湾智慧財産局は改めて「日台特許等優先権書類電子的交換覚書」の施行細則を別途頒布します。

当覚書は施行する時には特許出願人または実用新案出願人は、日本で最初に特許又は実用新案を出願した後、台湾智慧財産局に日本基礎出願の最先の優先権を主張する時、最先の優先権日から16ヶ月以内に優先権証明書を送付しべきですが、電子的交換によって、台湾智慧財産局へ日本特許庁の発行したアクセスコードを提出した場合は、出願人が優先権証明書を提出したものと見なされます。また、当覚書が施行された後は、特許出願または実用新案出願は優先権証明書を補正すべき期限がまだ最先の優先権日から16ヶ月以内にあるものも適用されます。

 
Copyright © 2019 . All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU/GPL License.